みなさんこんにちは

これまで心理学をいくつか紹介してきましたが、心理学ほど曖昧な学問はありません

みなさんは学校でどんな勉強をしてきましたか?数学、物理、国語、第二言語。

数学は厳格な学問です。

物理学は仮定が成り立つ学問で完全ではありません。

それらよりも歴史の浅い心理学は当然解明されていない事がたくさんあります

みなさんは、心理学者の三大巨匠知ってますか?

そう、「フロイト」「ユング」「アドラー」です。
この三大巨匠すべてが心理学のアプローチがちがっています。
また見解も大きく違います。

フロイトの心理学は端的に言えば「トラウマ」や過去の経験が今の自分を形成していると言う立ち位置ですが、その真逆はアドラーの心理学です。

最近はアドラー心理学をよく耳にしますが、アドラーは「トラウマ」を否定しています
今の自分を形成しているのは自分の選択肢がそれに向かっているだけであり、この先も自分の選択によって心理は変わるとしています。

みなさんはどちらが正しいと思いますか?

フロイト心理学もアドラー心理学も読むと共感できる部分もあれば違うと感じる部分もあると思います。

人間の脳は宇宙や深海などと同じで解明されていない部分の方が多いのです。

天文学は歴史が古いわりに解明できていない、あるいは仮設が多くわからない事だらけです。

当然心理学はそれよりも歴史は浅くわからない事が多いと思います。

脳科学と言えど、完全ではないのです。

心理学者が人の心を読むことなどできません。脳科学者も同様です。

当然すべてが心理学で解明できる事は今の科学ではありえないのです。

だからこそ本当の占い師が必要だと思いませんか?